楽天ペイ
2020年 07月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
2020年 08月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
休業日
 

トップ > 西日本 > PC192 リバイバル急行 わかさ パート1

PC192 リバイバル急行 わかさ パート1

列車番号
収録区間・時刻
乗車車両
9411D 京都 7:23 → 9:27 綾部 キハ28-2466
途中停車駅 二条 (花園)(馬堀) 亀岡 (並河)(千代川)
(吉富) 園部 (日吉) (和知) (立木) ( )は運転停車
撮影年月日:2003年3月8日 収録合計:約2時間20分

JR西日本の小浜線(京都府・福井県)の電化開業を記念して2003年3月8日に1日だけ復活運転した急行『わかさ』の前面展望。久しぶりに見る国鉄急行色のキハ58系6両編成の京都−綾部−敦賀間の運転を、前面展望映像を通して4作品で全区間記録するパシナ倶楽部の長大映像作品です。
パート1は往路の京都−綾部間を収録。早朝の京都総合運転所−京都間の回送列車からの撮影です。現役時代の急行『わかさ』は京都発車から山陰本線内は同じくキハ58系で編成された急行『丹後』との併結運転でしたので、今回の復活『わかさ』は山陰本線内では初の単独運転となりましたが、沿線には悪天候にもめげず、当日はたくさんのファンに迎えられました。京都を出た列車は梅小路蒸気機関車館を左に見ながら京都市内を高架橋で抜けて、一路綾部を目指して進みます。特急列車の走る走る山陰本線は列車密度が高いため各所で運転停車がありましたが、本線走行で見せるパワフルな走りは往年の急行列車の姿を思い起こさせるなしかしいシーンとしてご覧いただけることでしょう。

本作品では一部音声を絞っている箇所があります。あらかじめご了承ください。
商品コード : PC192R
価格 : 4,400円(税込)
数量
 

ご購入商品本体金額が8,000円(税抜)以上の場合は送料はサービスいたしております。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ