パシナ倶楽部

新着情報

商品コード:S8605R
S8605 スーパー白鳥・海峡セット

以下のお得なセットです。

TH392 スーパー白鳥10号(2巻組)

収録区間:函館ー八戸
撮影:2002年12月

2002年12月の改正で登場した特急『スーパー白鳥』の前面展望。まだ明けやらぬ雪の函館を出た『スーパー白鳥』は、五稜郭、木古内に停車して本州を目指します。津軽海峡線に入り、複線区間を高速走行すると、まもなく青函トンネルに突入。吉岡海底駅で疑似停車を行い、そのまま青函トンネルを通過し、本州側に上陸します。窓ガラスへの付着が本州側の方が多く、手動でワイパーを動かしながらの撮影です。蟹田を過ぎ、青森が近づくと太陽が顔を出して、すっきりと晴れた青森駅に到着します。青森からは反対側のカメラでの収録。朝日が眩しい東北本線を一路南下して、一気に八戸を目指すシーンは、スーパー特急の名にふさわしい高速映像です。

TH393 スーパー白鳥1号(2巻組)

収録区間:八戸ー函館
撮影:2002年12月

2002年12月の改正で登場した特急『スーパー白鳥』の前面展望。冬の北国の天気は変わりやすく、途中でブリザードの中を走るシーンを収録。高速列車の進行に伴う気象の急変は、大変興味深い映像です。青森でカメラは列車の反対側へ移動。上り列車が遅れた関係で、数分遅れて青森を発車した『スーパー白鳥1号』は、青森運転所に留置されている583系を横目に見ながら津軽線を北上。晴れていた青森駅から津軽半島を進むにしたがって雪に変わり、青函トンネルに入ります。吉岡海底駅で疑似停車。トンネルを抜けて北海道に上陸し、すっきり晴れた津軽海峡を右に見て、遠くに函館山が見えてくると、まもなく終着函館に到着となります。

PC044 快速 海峡3号

収録区間:蟹田ー函館
撮影:1994年6月

長大な青函トンネルが大部分を占める路線を走る快速『海峡』。蟹田でJR北海道の乗務員にバトンタッチされたED79は、右に大きくカーブを描きながら、青函トンネルへ向かいます。青函トンネルは、他のトンネルに比べ湿度が高く、ほぼ全区間に渡って、トンネル内壁がびっしょりと濡れているのが特徴。途中、吉岡海底駅に停車するのも見所の一つです。トンネルを抜けて北海道に上陸すると、津軽海峡を横目に、函館山がだんだんと近づいて来て、列車は静かに終着駅、函館に到着いたしました。

カタログコード:
JANコード:
販売価格 (税込) 10,800円
返品についてはこちら>>
アイテムイメージ

メディア掲載実績

鉄道前面展望の魅力

京成電鉄100周年特集

商品検索

商品ラインナップ

営業時間

営業時間
平日:12:00~18:00
定 休 日 土、日、祝日

お問い合わせはこちら
info@pacina.co.jp

5,400円以上のご購入で送料無料

特定商取引法に基づく表記