パシナ倶楽部

新着情報

商品コード:SPC254D
SPC254 台湾国鉄シリーズ 特急 自強号 パート1

収録区間・時間 松山 7 :18 →  9:31 彰化
乗車車両  E1029 撮影年月  2005年3月下旬
収録合計 2時間35分

政治的背景から今まで撮影が難しかった台湾国鉄の前面展望映像を作品化するパシナ倶楽部の《台湾国鉄シリーズ》。第1弾は台湾の大動脈である西部幹線の台北ー高雄間を走る特急列車「自強号」を作品化いたします。
パート1は始発駅松山から途中までの彰化までを収録。
撮影は車庫のある南港から回送電車でスタートします。乗車列車はE1000型と呼ばれる車両で、フランス製の機関車が編成の前後に連結されたプッシュプル運転。ドイツのインターシティー号などと同じ方式の運転で最高時速 130km/hで走ります。台湾国鉄は戦前に日本によって建設された区間がほとんどで、線路幅はJRと同じ。信吾設備や駅なども日本とほぼ同じ雰囲気ですので、見ていても全く違和感がなく、むしろ初めて乗られる方でもなぜか懐かしい印象を持たれる不思議な魅力に満ちています。次々に優等列車とすれ違う台湾の大動脈、西部幹線。現在急ピッチで建設が進められている台湾新幹線の工事状況もところどころ収録する新幹線開業前夜の幹線鉄路の展望をお楽しみください。

カタログコード:
JANコード:
販売価格 (税込) 2,500円
返品についてはこちら>>
画像1
アイテムイメージ
画像1

画像1

メディア掲載実績

鉄道前面展望の魅力

京成電鉄100周年特集

商品検索

商品ラインナップ

営業時間

営業時間
平日:12:00~18:00
定 休 日 土、日、祝日

お問い合わせはこちら
info@pacina.co.jp

5,400円以上のご購入で送料無料

特定商取引法に基づく表記