2024年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
2024年 08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
[LEFT_POLL]
 

トップ > 台湾 > PC484 台湾国鉄「莒光号」6 莒光642号パート2

PC484 台湾国鉄「莒光号」6 莒光642号パート2

【収録区間・時刻・乗車車両】

CK642次 宜蘭 12:17 ――― 花蓮 13:54
乗車機関車 E223
撮影年月日 2016年3月6日
収録合計 約1時間40分

昨今日本の鉄道ファンの間で注目を集める台湾国鉄ですが、すでに10年以上台湾国鉄を取材し作品を日本の皆様へお届けしているパシナ倶楽部が今回お届けするのは、機関車がけん引する「莒光号」作品です。
台湾国鉄では「自強号」(特急列車)、「莒光号」(急行列車)が全土で活躍していますが、新型の自強号に投入されている「普悠馬(プユマ)号」が電化の進展とともに勢力を拡大し、機関車がけん引する昔ながらの客車列車である「莒光号」は本数が減りつつあります。
今回、パシナ倶楽部では日本では姿を消してしまった機関車牽引の客車列車である「莒光号」を乗り継いで台湾全土をぐるりと一周する企画を立て撮影に臨みました。
本作品はその6作目。宜蘭県の中心宜蘭駅から、東海岸の花蓮駅までの約100kmを収録しています。この区間は台湾でも地形が厳しい難所区間で、セメントの積み出し駅や、美しい海岸線を走るシーンもお楽しみいただけます。
この列車は9:53に樹林を出て、丸一日走り続けて17:24に台頭に到着するロングラン列車ですが、本作品ではパート2として宜蘭から花蓮までの区間を収録しております。
この作品はDVD-Rを使用しています。
お手持ちの再生機がDVD-Rに対応していることをご確認の上ご購入ください。
商品コード : PC484R
価格 : 4,400円(税込)
数量
 

ご購入商品本体金額が8,000円(税抜)以上の場合は送料はサービスいたしております。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ