2022年 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2022年 06月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
ランキング
 

トップ > 西日本 > PC372 長良川鉄道

PC372 長良川鉄道

収録区間:美濃太田ー北濃 乗車車両:ナガラ301
撮影日:2010年2月下旬 収録合計:約2時間

岐阜県の第3セクター鉄道、長良川鉄道を作品化いたします。
長良川鉄道は旧国鉄越美南線から転換された第3セクター路線で、高山本線の美濃太田から分岐して北を目指す非電化ローカル線です。
この線の歴史は古く、大正年間に美濃太田方から建設が開始され、戦前の昭和9年にはすでに北濃まで開通していました。
越美南線という名前が示すように、元来は現在JR西日本が管轄する越美北線と結ばれて、越美線として美濃地区から直接福井を結ぶ路線として計画されたものでしたが、戦争による中断、その後の自動車交通の台頭などにより、北濃ー九頭竜湖(越美北線の終点)間約24kmが見成線となってしまいました。また、国鉄時代から運転されてきました美濃白鳥ー九頭竜間のJR連絡バスも2002年に運転を終了し、公共交通機関を利用しての「越美線」前線走破は不可能となってしまいました。
前面展望のスタートは美濃太田から。
撮影は2月中旬。天候は曇りのち晴れ。始発駅の美濃太田を出て徐々に山間部に差しかかる風景の変化に加え途中から線路際に行きが見え始め、それがだんだんと増えていき、終着駅の北濃には雪に埋れたシーンとなる興味深い映像をお楽しみいただける内容となります。

ここ長良川鉄道は第3セクター転換後に台風による土砂災害や豪雪により数回にわたり長期運休が続き、ご多分にもれず経営状態は苦しい状況が続いているようですが、閑散時間帯の列車本数を減らすなど経営努力を重ねている会社です。
そんなことを考えながらご乗車いただくと、また一味違った汽車旅になると思います。
商品コード : PC372D
価格 : 4,400円(税込)
数量
 

ご購入商品本体金額が8,000円(税抜)以上の場合は送料はサービスいたしております。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ