2020年 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
今日
休業日
2020年 12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
 

トップ > 東海 > PC332 伊豆急行線(往復収録)

PC332 伊豆急行線(往復収録)

【往路】
列車番号:5635M 乗車車両:クハ268
伊東 10:03 → 11:10 伊豆急下田

【往路】
列車暗号:5654M 乗車車両:2155
伊豆急下田 14:08 → 14:54 伊豆高原

撮影年月:2007年12月初旬 収録合計:約2時間10分

伊東から伊豆半島を南へ下る「伊豆急行線」の前面展望作品。JRと接続する伊東から伊豆急下田へ。そして帰路は伊豆高原まで収録する作品です。
伊豆急はJRの特急列車「踊り子」、「スーパービュー踊り子」が東京方面から直通する観光客輸送を主体とした私鉄で昭和38年に開業しました。ご存知の方も多いと思いますが、伊豆半島は地形が険しく、東海岸を走る伊豆急は、その地形を縫うように線路が敷かれ、開業当時は下田市民から「よくここまで鉄道が来た」と絶賛された記録が残っているそうです。その後、モータリゼーションで国内の鉄道輸送は自動車との競争に負け、ローカル化から廃止への道をたどる線路が後を絶ちませんが、この伊豆急は、沿線に道路が整備されてはいるものの、週末は渋滞が激しく、時間の見通しが立たないことと、駅からそう遠くない距離に温泉旅館や観光施設が位置することから、環境客の鉄道利用が多く見られるレールファンにとってはうれしい路線です。
撮影のため乗車列車は往路は伊東を10:03に出る普通列車の伊豆急下田行。旧JR115系の200系電車。帰路は2100系「リゾート21」で伊豆急下田から伊豆高原まで収録。途中、旧東急8000系やJRの踊り子号などとすれ違いながら、伊豆阪東の襲い紅葉をお楽しみいただける作品です。
商品コード : PC332D
価格 : 4,400円(税込)
数量
 

ご購入商品本体金額が8,000円(税抜)以上の場合は送料はサービスいたしております。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ