2020年 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
今日
休業日
2020年 12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
 

トップ > その他 > PC178 廃止路線 2

PC178 廃止路線 2

収録路線 収録区間 乗車車両 撮影年月 廃止年月
弘南鉄道黒石線 川部―黒石 キハ22-10 1995-5 1998-3-31
のと鉄道七尾線 穴水―輪島 NT103 1999-5 2001-3-31
蒲原鉄道 五泉―村松 モハ41 1998-11 1999-10-2
西鉄北九州線 折尾−黒崎駅前 649 2000-11 2000-11-26
鹿児島本線 枝光−八幡 キハ47-1084 1995-7 1999-7-2
下北交通 下北―大畑 キハ85-1 1997-2 2001-3-31
長崎本線 本川内駅スイッチバック キハ58-147 1999-11 2002-3-9
名鉄八百津線 八百津―明智 31 2001-7 2001-9-30

この作品はDVD-Rを使用しています。
お手持ちの再生機がDVD-Rに対応していることをご確認の上ご購入ください。


《パシナ倶楽部10周年記念作品》
パシナ倶楽部が10周年を記念してお届けする記録作品『廃止路線 2』。1997年に発表した『廃止路線』に続くパート2としてこの5年間に廃止された鉄道路線の中からパシナが記録することのできた路線、区間をオムニバス形式で収録した作品です。表示区間は走行ノーカットで収録。残念ながら鉄路は過去のものとなってしまいましたが、この作品で、まだ元気だったころの走行風景を皆様のお手元にご保存ください。
  • 弘南鉄道黒石線

    旧国鉄黒石線から弘南鉄道に転換された非電化路線でした。単行のキハ22が見渡す限りの田園風景の中をトコトコ走る光景が印象的な路線でした。

  • のと鉄道七尾線:

    急行「能登路」が走る路線として鉄道ファンの注目を集めていましたが、急行が廃止されるとまもなく路線そのものも廃止されてしまいました。C56が活躍した国鉄時代の印象を良く残す路線でしたが廃止が悔やまれます。

  • 蒲原鉄道:

    かつては信越本線の加茂まで伸びていましたが、五泉―村松間の短路線になってからも良くがんばってきました。古い電車が走るレイアウト的な村松駅の構内が思い出に残ります。

  • 西鉄北九州線:

    路面電車区間が廃止された後、最後に残された専用軌道区間でした。映像からもわかりますが乗客の姿もそれほど少なくありませんので、廃止されること自体が不思議な気もする路線でした。路面電車のモーター音が懐かしい路線です。

  • 鹿児島本線 枝光−八幡:

    スペースワールド駅開業に伴い、旧八幡製鉄所を迂回するように大きくカーブしていた区間が線路変更され、明治中期の開通から100年以上にわたる線路の歴史に終止符が打たれました。

  • 下北交通:

    旧国鉄大畑線。第3セクターでなくバス会社が鉄道を引き受けた珍しいケースでしたが、転換から15年で息絶えてしまいました。国鉄キハ22が残る貴重な路線でしたが、有志が車両を動態保存しているのがせめてもの救いといえましょう。

  • 長崎本線本川内駅スイッチバック:

    SLが峠道を喘いでいた時代を物語るスイッチバック駅は今ではだんだんと数が減ってきました。ここ長崎本線(旧線)の本川内駅も本線上にホームが設置され、その役目を終えました。

  • 名鉄八百津線:

    2001年9月末に一気に数路線まとめて廃止された名鉄ローカル線の中から、未発表の八百津線の映像。廃止をひと月後に控え、そろそろファンの姿が多くなってきた夏の日のスナップです。

商品コード : PC178R
価格 : 4,400円(税込)
数量
 

ご購入商品本体金額が8,000円(税抜)以上の場合は送料はサービスいたしております。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ